LOOPLINE

日々をできるだけ記録

脇毛と鼻歌

冬じゅう生やし続けていた脇毛をですね、「もしかしたら、場合によっては」目撃される可能性が職場でありまして。
前夜入浴中に、

「あ、そういえば、明日のために剃った方がいいのかな?」

と訊いてみたところ

「うん。剃って!」

と即答された。本当に面倒くさい、この剃毛という文化。だからってオノヨーコさん的な感じで、ウーマンリヴ的な感じで
「ブラジャーなんて、知らん!脇毛だって恥ずかしいものじゃない!」と息巻く気は無い。街ゆく女性たちが脇毛ぼうぼう
やったら嫌やとは思う。でも自分がぼうぼうでも自分の目には入らんのよね。

ちなみに、Kちゃんは脱毛済。の割に施術が中途半端やったのか、元々これはこういうものなのか分かりませんが、ずっと
思春期のように数本よれよれのやつが生えようとしてる。K、発見する度に殲滅しようとしてる。永久って名前に偽りあり
よな。ま、そんな訳で私、ぼうぼうになっては何かしらのタイミングで剃り、また放置してぼうぼう、を繰り返している。

もしKちゃんが自分のようにぼうぼうやったら私としてはたぶんちょっと嫌で、「剃ったら?」とか言うと思うんやけど、
Kちゃんは私のぼうぼうをどう思っているのか、と今ふと思いました。思ったので訊いてみることにします。

「なあ、Kは私のぼうぼうのことどう思ってる?」

「あんなにぼうぼうになる前にちゃんと剃った方がいいと思ってる。・・・そこにかっこよさを感じる訳じゃないって
ことも言った方がいい?かっこいいと思われてるとは思ってないよね?でも世間で色んなセクシャティの人
もいるから、中には脇毛にそういうかっこよさを感じている人もいるかもしれへんからあんまりそういう風に言わへん
方がいいのかもしれへんね・・・」


「セクシャティな」

「・・・言えへんかっただけやもん!」

「かっこよいと思われてるとはもちろん思ってない。何で剃った方がいいの?」

「恥ずかしくないんやったらいいけど、私やったら恥ずかしいから。でもRINさんが恥ずかしくないんやったら、
別に・・・そうなんやーって思う。私は脇毛ぼうぼうなん誰かに見られたらめっちゃ恥ずかしい」


「でも見られるとき無いやん、特に冬とか」

「でも突然着替えることになったりとか・・・何がどうなるか分からんやん」

「何がどうって・・・いつそんなことになんの」

「私、救急車で運ばれたときに『ああ、脇毛ぼうぼうじゃなくてよかったー』と思ったもん。『こいつ、冬やからって
脇毛ぼうぼうやん』ってお医者さんに思われたりとか・・・」


死ぬかって状態で救急車で運ばれたときに人って脇毛のこと考えるものなのか・・・?恋人が思った以上に
脇毛コンシャスなことに驚きを隠せません。



現在Kは入浴中。久々に職場で良いことがあって、すっごい高らかに鼻歌うたってるのが聞こえるww
漫画みたいにふんふふーん♪ふんふふふふーん♪云うてるわ。実に2週間ぶりとかかも、あの人が
満面の笑みって。あーーよかった。

ご機嫌やな、と言ったら

「先々週の3日間、私は死んでいました。鬱症状でした」

と言ってきました。分かってたんや・・・!病院行くことを考えるまではいかんかったけど、これが続いたらちょっと
本気でまずいぞ、と思ったぐらいやった。先々週の3日間は確かにやばい感じで、でもこの2週間もそこそこあかん
かった。でも今日かなり回復したみたい。人見知りがこの4月を何とか乗り切れそうなので、軌道に乗ったかな。
鼻歌聴きながら、私も幸せに浸りました。安堵安堵。


腋毛について書いたことあるっけ、と思って検索してみたら、あった。4年前はぼうぼうにも笑ってくれてたのにな!

スポンサーサイト
  1. 2017/04/26(水) 23:19:21|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

春の馬鹿野郎


いつかの春。馬鹿野郎やけど美しい春。
P1010826_convert_20170423204006.jpg




前に耳鼻科に行った時、耳をかっぽじり過ぎ、そっと外側だけ拭くようなイメージで、とか言われたんやけど無理。
綿棒でぐいぐいこすってる。いかんとは分かっているけど、花粉症最盛期の今、あらゆる粘膜が痒い訳よ。
毎日したらあかんとは思うから、2日に1回と我慢してるけど、これもきっとあかんよね。それでも今年はKちゃんの
対処法に便乗してサプリ飲んだり特定の食品を食べたりしてたらちょっとましかもしれん。効果のほどが分からんので
明記は控えますが、喉パコっと外して歯ブラシで磨きたい、という衝動は今のところ無い。

そんな訳で、これでもかと咲き誇っていた桜もすっかり散って葉が青々としてきましたね。今年こそお花見に行こう、
と言っていたのに。

今朝は、Kちゃんと電車に乗っていると、逆隣に座っているミニスカートの女性が自分の膝に膝を当ててくるので、こちらが
引くとまた近づけてくるので何やねんと思ってたら2回キスされる、という夢を見ました。Kちゃん曰く、

「私がいるから自分からはそんなことできへんけど、突発的にそんなことが起こるといいなーっていう願望ちゃうか!」

やとすると物凄く姑息ですね。

そんな夢を見たからか、

「誰かを呼び込んだりするなよ・・・」

との言葉を残して出かけて行ったK。呼び込む、じゃなくて連れ込む、やと思うけど段々驚かなくなってきた。

K、最近仕事も忙しいし(責任感を持って仕事をこなせばこなすほどどんどん仕事を任されるという無限ループ)、
そもそも、新しい同僚がどどんと増えたり、新しい制度が導入されたりするととても緊張するKですので、4月は鬼門。
過去のブログでも不調を訴えている。どうにか乗り越えられるように応援したい。

それに加えて、仕事以外にもちょっと深刻なことがあって落ち込み気味。
状況によっては、少しの間一緒に住めなくなるかも(私が提案しただけやけど)、あるいは週末は一緒に過ごせないかも
(こっちはわりと可能性大)、という様相を呈してきている。まじめな人やから、色々思うやろう。自分のことだけ考えてりゃ
いいのに、私のことも考えてしまうんやろう。気持ちは分かるけど、悩める時、自分がその悩みの一端になるなんて、嫌だ。
もちろん、相手を慮る故にってことはあるけど、それでももういい加減、私のこと、我々のことは何があっても大丈夫枠
と考えていただきたい。隣で寝てるときにどっかのナオンにキッスされる夢見てるやつに言われたくないやろうけど。
これから一緒に生きていくと考えたとき、そりゃこれからも色々あるでしょうよ、って話。こういうとき、婚姻関係にあれば
何かの安心に繋がるのか?とか。いや、別にKちゃんは今回のことで我々の関係に不安を感じてるなんて一切言ってない
んやけどね。

とにかく、気を遣う必要無いヨ!ってこと。これが家事も何もできず、一人やと家がぐちゃぐちゃになってしまう
駄目親父とかやったら気がかりなのはわかるけど、あたい、掃除だって洗濯だってできる。紅茶のありかだって分かる。
朝食だって作れる。もし万が一、一緒に住めなくなったら・・・(想像してみる)・・・寂しいってだけやね。でも、
如何せん職場が同じなので、会えない訳じゃない。週末過ごせなくなったら、無理やりにでも仕事を減らして
(何なら仕事を犠牲にしてw)、平日の終業後の生活を充実させよう。

何だか私信のようになってしまったけど、言わなくても分かってると思うけど、読み返したら「そんなこともあったわね」
と思う類の内容なので残しておきます。久々の記事が辛気臭くてめんご。陰鬱なる日々を送っている訳では
無いのでご心配なく!あ、でもK、この春だけで3回ぐらい泣いてるけどな!泣くことは魂の洗濯とか申しますし、
Kの魂ぴっかぴかやな。・・・ほとんど泣かない自分の魂どっろどろなんちゃうかという思いがよぎったところで
本日はお開きとさせていただきます。取り留め無いナー。


・・・あ、せっかく洗濯したのに脱ぎ捨てた靴下転がってやがる・・・


春の馬鹿野郎めがーーーー(これは八つ当たり)!!






  1. 2017/04/23(日) 20:42:09|
  2. ふたりのこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フムスと憎たらし系女子

そういえば・・・あんなに美味しかったフムスをスルーするのは忍びない。Kちゃんが旅先で食べたものの再現に挑戦。
再現率90%!残り10%は我が家の装備(小さなフードプロセッサー)では叶わない境地なのかも。でも、現地で食べた
ような完全なクリーム状態より、K印の少しぷつぷつとひよこ豆を感じるのもこれまたおいしい。

斯くして、今年はKちゃん特製フムス生活で幕が開けたのである。

朝フムス。
唐突にフムスを推していますが、そこまで一般的じゃないかな。トーストと、チーズオムレツで。
美味なり!美味なりー!!!
IMG_9935_convert_20170123223404.jpg

フムスとは:中東全域で(たぶん)食べられている、茹でたひよこ豆をペースト状にし、タヒ二(白胡麻ペースト)、
オリーヴオイル、レモン汁、ニンニク、クミンを和えて味付けたもの。



ピタパンと食べるのが一般的なのやと思うけど、Kちゃんの発想でちょっと重めのドイツパンを薄く切って焼いたもので
いただいた。

夜は夜でお酒と共にちびちびやった。

どれぐらい保存がきくのかよく分からず、割と急いで食べきったけど、調べてみると一回分ごとに切れ目(カレールウみたいに
ぱきっと割るイメージか)を入れて冷凍保存すると便利らしい。大量に作ってほしい!そんでちょいちょい食べたい!

かれこれ2ヶ月が経ちましたがあれ以来作ってない。猛烈に忙しかったもんな。
で、オリーヴオイル多め生活を終えた後、最近は胡麻油にはまる我々です。ちょっと上等な胡麻油を購入し、うまさに
うっとり。アボカドを胡麻油と塩で食べるという破廉恥行為に及んでいます。

フムスのこと思い出して、途中で放り出していたこの記事書いてるけど(途中まで書いたのは1/23)、思い出せば思い出す
ほどおいしかった。ヘルシーとかこの際どうでもよくて、とにかくおいしい。また作らんのかと訊ねたところ、シェ・Kは

「ひよこ豆買ったら作るよ!暇な日があったら作る!」

とノリノリでした。期待。

しかし!こないだお風呂でなぜかやたら小声で言ってきたことも忘れてない。

「あの、新しく買った鞄でさー、またさー、桜見に行ったりさー、デートっていうかーしたいなー」

暇な日なんて当分できそうもない。フムス、我慢!あるいは雨の日を狙う。ひよこ豆調達必須。


全然関係無いけど先ほど入浴前、服を脱ぎながらの会話。

「この服、だいぶよれよれになってきてるよな。捨てよっかな」

「よれよれってことは無いけど、背中のとこがちょっと白くなってるな、ってなってた」

「え!誰とそんな話してたん!?」

「私の中でそうなったってことやんか。誰もRINさんの服の話なんてしないよ!」

人を自意識過剰みたいに。『なってた』というのは他の誰かの間でそうなってた、ってことやろ。
重大なミスは無いのですが、こんな風に、1時間後には忘れてしまうようなうっすらミスが多いK。しかも最近
「察せよ」的な反応が多く、若干かわいげがありません。憎たらし系女子、K。おもしろいからいいけど。

服は、捨てました。気に入ってたけど、よれよれで背中が(洗濯しすぎて)白けてきてるのはあかんよね。

  1. 2017/03/30(木) 22:23:28|
  2. ふたりのこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

はじめに 2017年版

ブログを始めて丸6年が経ち、もはや「はじめに」が何ら機能しなくなった今、アップデートすることにしました。
今年中に何か思いついたり変化があれば勝手に加筆していくことにします。あと、カテゴリー分類をし直す
のも今年の目標。もはやぐだぐだ。




■当ブログはRINとKの日常の記録です。RINが書き、Kが第一読者で1拍手目をすることをルーティンとしているようです。
 書いたら、同じ場所にいてもいなくても書いたよーと報告することになっています。今後もKが書くことはたぶんありません。

■拍手、コメントはうれしいです。読んでいる人がいることに驚きを隠せませんが、その読んだ人から更に反応がある
 なんてすごくおもしろい!私とKという狭い世界を基本エリアとしているので、外からの問いかけ呼びかけは良い刺激
 になっています。どこかに書いたけど、過去の記事を遡って猛烈に拍手下さる人とか、突然思い出したようにコメントを
 下さる人とか、自分が書いたことを振り返る良い機会になっております。気づけば無駄に長く書き続けているので、
 振り返ることってあんまり無い。この場をお借りしてありがとうございます。ブログやってらっしゃるなら、鍵コメントでも
 いいから、教えてくれたらうれしいです。読みにいきます。

■RINとKは同僚です。私がパイセン。

□RIN:スカートは履きませんが化粧はします。自分が女である認識はあるけど、一般的に見てかなり女の要素の少ない方やと
    思います。男になりたい願望は無いけど、社会の中でもうちょっと女であることを求められないと楽かなーと思うことはある。

□K:どこを切っても普通の女子。スカートも履くし化粧もしています。フリル、リボン、淡いピンク、といったガーリー要素は全く
   ありません。さっぱりあっさりフェミニン。


【 簡単な年表 】

8年前 RINの職場にKが入ってくる
     半年後には二人きりで頻繁に遊び歩くようになる。平日週1~3回ペース

出会って1年経った頃の桜。
P1030546_convert_20170326164443.jpg


7年前 週末も含め更に頻繁に遊び歩くようになる
     1ヶ月の海外旅行に出る(以降、年2、3回のペースで国内外を旅行)

初の海外旅行の写真。
P1060096_convert_20170326165557.jpg


6年前 恋愛関係になる
     あからさまにレズビアンな状況に戸惑いつつブログ開設

旅先で偶然入ったカフェ(写真によるとKちゃんはケーキ、私はカレーを食べてるね)
P1060942_convert_20170326171010.jpg


5年前 Kにブログの存在を知られる(参考資料:ばれた


4年前 同居開始(参考資料:同居カテゴリーを順に追うと過程が見えますが、もはや全然分類できてない)
     この頃の写真を見てみたら、今と比べて明らかに色んな食べ物作ってる。またああいうの作ればいいなーというものも。

これはサングリア、のワイン足す前。この夏は絶対作ると固く決意。夏待つ必要無いか。
P1140343_convert_20170326173225.jpg


現在 そんなこんなで、同居5年目に入る。もちろん経年による変化はあるけど、一緒に住んだことに
    起因する関係性の変化はそんなに無いと思います。

  1. 2017/03/26(日) 21:06:58|
  2. はじめに
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

刺激がもっと欲しい

日常からの脱却!忘れがち!たまにはいつもと違うことを!

同じステップの毎日じゃ生きてることさえ忘れちゃうそれじゃハリが無い!


あれ?


これはアルプス山脈に囲まれた小高い丘的なところ。最高の思い出のひとつ。特にKはご執心。ハイジの血が流れている可能性ありのレベルで。
P1090732_convert_20170326081507.jpg


てなことで。ハイジにはなれませんし、目的もまあまあ日常に引っ張られたものではありますが。

旅先以外では初めてレンタカーを借りて外出。前日にネットで予約して、まずサイドブレーキの位置が
見当たらず往生(車種によってあまりにも全然違う場所にありませんか・・・?)。その後は高速道路に入った途端間違
えて出てしまうというハプニング(自分の過失)もありつつ、何とか到着。我が家周辺の交通事情が一番複雑。

電車でも行けるけど大きな買い物はし辛いし、二人だけの空間ができるのもいいじゃないと。
Kは運転できないので(あの免許は不正に取得したものとみている)、疲れちゃうし飲めないし、いいの?と気を遣って
くれていましたが。

人里離れたアウトレットに10時オープンのところ10時過ぎに到着。既に近場の駐車場は満車で、バスで送迎された。
着いて1時間ほどしたら何故か空腹で集中できなくなり、一番空いていた黒カレーなるものを食べました。ま、普通。なぜ
黒いのかって疑問だけうっすら残るランチ。

ちなみにKも私も日本人の平均身長より10㎝以上高いので、服を買う際の最大のポイントはサイズが合っているか。
日本製やと袖や裾がつんつるてんの場合がほとんど。そうなると海外製がしっくりくる→通常よりお高め、という展開が
多々。そういう訳で、アウトレットではこの時とばかりに張り切るべし、なのです。今買わないということは毛玉の付いた、
擦り切れた服を今シーズンも着続けるということ!30半ばの二人が!美しくなくても、取り立てておしゃれでなくてもよい。
汚いのは許されない。汚い中年だけにはなりたくない。心も体もシェイプアップしてメイクアップしたプライド捨てたら・・・
あれ何で突然これ出てきた。本当に久々見たら、これぞ、みぞみぞする、ってやつなのでは・・・。



全盛期のSPEED並に勢いがあればよいのですが、如何せん買い物に対していつもやる気が無い。頑張ってお互いを
鼓舞し合います。特に私がひどいけど。

「RINさん!もう疲れた顔してるやん!」

「・・・・・・」

「頑張って!私たち、まだ何もしてない!歩いてるだけになってるー!」

「うう・・・花粉が・・・頑張る・・・あ、トイレ行く・・・」

てな調子であります。いくら自分たちを奮い立たせても、当てにしていたブランドが方向転換してたり、意外と品揃えが
無かったりするともう駄目です。

「・・・ちょっと休憩しないかい・・・?」


黒カレーから1時間も経たんうちにKちゃんは人生二度目というパフェを食べ、私はワッフルとプリンのプレート。何だか
こんなの久しぶりね。楽しいね。あはは、うふふ・・・。


何しに来たお前ら。


シュガーハイの力を借りて、後半やや持ち直し仕事用の服(私。気を抜くと黒か紺しか無い状態になるので、春先という
ことで明るめを購入。頑張った)、いつもよりちょっと高級なバッグ(K。とても良い革の。プレゼントしたかったけど店員
べったりでタイミング適わず)、部屋着用ショートパンツ(私が発見し勧めたK用)などなど。

短パンはスポーツの何らかのチームウェアみたいなのが理想。背番号(背じゃないけど)が入ってたりチーム名
が入っていたりな!付け加えるとK、冬は冷え性、夏は暑がりの変温動物として生きているので、夏場は涼しい部屋着
が必須アイテム。薄いけどカバー力のある短パンを常に探している訳。もちろん、その望みを叶えるためであって自分
の欲求を満たすためなんかではない、決して。

真剣な話、シースルーの下着とか紐パンとかより、こっちの方がよっぽどエロいと思う。健康的なものの中に潜むエロ。日常に潜む危険。
199f826d3bd0b2872a20962e6ee86019.jpg

職場では非ガーリー・苦み走り系フェミニン~ユニセックス風味の女物を貫くファッションに終始するわたくし。週末は
ユニセックス風味の女物~男物もしれっと着る(だって男物Sぐらいが本当のところサイズ的にちょうど良い)わたくし。
結局のところまあまあ良い買い物ができました。1店舗で二人合わせて5万を超える買い物をしたのに半額で2.5万に
なったあたりがシュガーハイのピークでしたね。よくやった。

その後、お気に入りのワイナリーに立ち寄りワインを4,5本買って(レンタカーのなせる業)(ここでは一切の躊躇も疲れも
見せず、欲しい物はいつーもあーふれているかーら♪的に買い物を堪能)、道中で有名菓子店を発見してそこにも
立ち寄り、帰路。

が!休み最終日で道が混み混み。一応それを見越して早めに出たけどそれをも凌駕する渋滞っぷり。ナビの
ナビ子さん

「この先、○○ インターから 5km の渋滞 です」

を連発。実際には5kmどころじゃない。ジャティックのお姉さんによると34km。無理無理無理無理!
レンタカーに返却するタイムリミットと、ナビ子さんの示す到着予定時刻とのせめぎ合いが始まりました。

一か八かで高速道路に見切りをつけ、一般道に望みを賭けたところ、恐らく功を奏して、そこそこ順調に進行。
それでもなぜか予定時刻を更新しないナビ子。

「ナビ子ー!何でやー、こんなにすいすい走ってるのに!?さっきは渋滞の前提で換算してたはずやのに!?」

大しておもしろくもないこんなことでげらげら。

途中、1,2分の戦いやと言うてるのに二人してどうしようもない尿意に襲われ戦線離脱、トイレ休憩を挟んだり。

そういえば行きのトイレ休憩の際、パーキングエリアにピンクのゆるキャラがいて、その周囲には紙コップを
持った人たちがたくさんいたこととか思い出してまたじわじわきて。

腎臓がそら豆の形に似ていることから、腎臓の健康を訴えるゆるキャラ、そらまめくん。検尿しろって呼びかけてた。
jin_101116.jpg


閉店15分前、何とか返却時間に間に合いました。自宅前に荷物おろしてから返却したかったけどその余裕を感じ
られなかったのでワインの入った段ボールを抱えながら帰路についたのでした。


二人だけの空間でゆったり話でもできたら、とか言ってたけどさ、車中の会話思い出しても

「都会に住む若者が車を持たなくなってきてるの分かるよね」

「うん、私らも持ってないもんな」

「私ら若者じゃないね」

「まあな・・・でも、維持費とか考えたら、明らかにマイナスが多いよね。ほぼ電車か徒歩で行けるし、車がステータス
って時代でも無いし。」


「運転とか車そのものが好きって人は持つやろうけど、純粋に移動手段としてって考えるとレンタカー
を利用する人、意外と増えてるのかもね」


「だからカーシェアとか新たなものも出てきたのか」

全く、二人の空間じゃなくてもできる会話しかしてないね!「かーつ!あっぱれ!」て言うてた番組でコメンテーター
できるレベル。


楽しかったからいっか!次レンタカーするときは甘い会話を楽しもうと思います。

  1. 2017/03/26(日) 09:25:14|
  2. 外出
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ